ハンギョル(BAE173)

今日が誕生日のK-POPアイドル

Stray Kids MAXIDENT (CASE ver.)

アーティストStray KidsタイトルMAXIDENT (CASE ver.)
発売日2022. 10. 17卸価格w 11,000
内容<8종(BANG CHAN / LEE KNOW / CHANGBIN / HYUNJIN / HAN / FELIX / SEUNGMIN / I.N)


CASE 143 *Title
식혀
Give Me Your TMI
SUPER BOARD
RACHA(バンチャン、チャンビン、ハン)
TASTE(リノ、ヒョンジン、フィリックス)
나 너 좋아하나봐 (スンミン、アイエン)
CIRCUS (Korean Ver.)


<詳細情報>
構成:
ペーパーケース+フォトブック(8種中1種ランダム)
CD-R 1種
リリックペーパー1種
フォトカード(8種中1種ランダム)
ユニットミニ折り畳みポスター(4種中1種ランダム)

予約販売特典:限定フォトカード(8種中1種ランダム)

2.サイズ:150mm x 210mm
1) フォトパック(ポラロイドフォトカード+ラブレター) 8種中1種ランダム(限定盤と同一)
2) 折り畳みポスター2種(バージョン別1種)

サイズ: 164 x 225 x 14 mm
説明「Kポップ第4世代リーダー」Stray Kids(ストレイキッズ)、10月7日、新しいミニアルバム「MAXIDENT」およびタイトル曲「CASE 143」発売!

米ビルボードメインチャート「ビルボード200」1位グループストレイキッズ、約7ヶ月ぶりに華やかにカムバック!彼らに襲われた超大型事件!
新しいアルバム「MAXIDENT」、グループ内プロデュースチームスリラチャ筆頭メンバー全員作詞-作曲参加!個性と真正性の高いミョウバン誕生!
「スキズ票愛歌は違う」 タイトル曲「CASE 143」、事件発生にたとえた愛!ダイナミックサウンドの上に強烈エネルギーたっぷり!
KSPO DOME入城と一緒に2回チケットをソルドアウト!全9都市19回規模2回目のワールドツアー前回差売り切れ記録続く快挙!

「事件番号143」
:「愛」という大事件にぶつかったストレイキッズ。

Stray Kids(ストレイキッズ)が2022年10月7日、新しいミニアルバム「MAXIDENT」(マキシダント)とタイトル曲「CASE 143」(ケース143)を発売する。

ストレイキッズは今年3月18日発売したアルバムであり前作「ODDINARY」(オーディナリー)で米国ビルボードメインチャート「ビルボード200」1位に入ってKポップアーティスト史上第3記録を達成した。タイトル曲「MANIAC」(マニアック)は、8月31日基準でグローバル音楽ストリーミングプラットフォームのSpotifyでストリーム総1億回を突破し、熱いグローバル人気を立証した。このように「Kポップ第4世代リーダー」としてしっかりと位置づけられたストレイキッズが約7ヶ月ぶりに新しいアルバム「MAXIDENT」と共に華やかにカムバックする。
新報名「MAXIDENT」は英単語「Max」、「Maximum」と「Accident」、「Incident」を結合した合成語で予告なく迫った「大型事件」を意味する。今回のアルバムには愛のような普遍的な感情をより「MANIAC」に表現したタイトル曲「CASE 143」を含め、「冷え」、「Give Me Your TMI」(ギブミユアティエムアイ)、「SUPER BOARD」(スーパーボード) 、「3RACHA(バンチャン、チャンビン、ハン)」(スリラチャ)、「TASTE(リノ、ヒョンジン、フィリックス)」(テイスト)、「私はあなたが好きです(スンミン、アイエン)」、日本のミニ2集タイトル曲「CIRCUS」 ‘(サーカス)韓国語バージョンまで計8曲が収録された。

新曲「CASE 143」は、ストレイキッズがタイトル曲では初のラインを見せる愛歌で一風変わった魅力を持った。初めて感じる感情のために混乱した心を「事件発生」と例えたり、「143(I LOVE YOU)」というコードで愛を表現する気持ちを誇った。半音系に沿って流れるシンセラインの上にスピード感のあるように展開される曲構成は耳をひきつけ、ストレイキッズ特有の強烈なエネルギーは電率をプレゼントする。 2018年3月デビュー曲「District 9」(ディストリクト9)から2022年3月「MANIAC」に至るまで、ストレイキッズのすべてのタイトル曲を作ったバンチャン、チャンビン、ハンで構成されたグループ内プロデュースチームスリラチャ(3RACHA)が作詞、作曲を引き受け、バンチャンは編曲にも参加して音楽性を輝かせた。

スリラ茶を筆頭にメンバー全員が新報クレジットに名前を上げてはっきりとした個性と真正性を溶かした。ここにベルサチェ(VERSACHOI)、ホンジ賞、イヤータック(earattack)など国内外有数作家陣が手を加えてもう一つのウェルメイドレコードを完成した。

独創性の強い音楽とパフォーマンスで全世界のKポップファンを曲げたストレイキッズは最近、計9都市19回規模の2回目のワールドツアーを盛り上げ、「公演グルメ」の姿を再立証した。ワールドツアー前回差を完売させたファンの熱い声援に支えられ、去る9月17日と18日両日間ソウル松坡区KSPO DOME(オリンピック体操競技場)で’Stray Kids 2n​​d World Tour “MANIAC” Seoul Special (UNVEIL 11)'(ストレイキッズセカンドワールドツアー「マニアック」ソウルスペシャル(アンベール11))を開き、熱烈なファン心に報いた。 KSPO DOME入星で意味を加えた該当コンサートも2回の公演ともにソルドアウトを記録し、以後追加公演の開催を発表し、ストレイキッズの激しい上昇を実感させた。

彼らは、高品質のミニアルバム「MAXIDENT」とタイトル曲「CASE 143」を通じて、Kポップ音楽市場にもう一つの「巨大な事件」を呼び起こすと期待を集める。

※ジャケットの写真は代替イメージで実際のジャケットと異なる場合があります。

※発売日・価格構成内容等はメーカー都合で変更になる場合があります。

※内容・説明は全てGoogle翻訳なので不自然な部分がある場合があります。

コメント

スポンサーリンク