韓国語の発音2|適当に教える韓国語

では母音の続きをしたいと思います。

何度も言いますがネイティブでも教師でもないただの一般人ですから教え方は適当です。

気楽に勉強したい方だけ見てください。

難しくても考え込み過ぎずにゆっくりやってください。

얘 → イェ

예 → イェ

와 → ワ

위 → ウィ

의 → ウィ (口を横に広げて)

왜 → ウェ

외 → ウェ (上のウェと同じ)

웨 → ウェ (上のウェと同じ)

워 → ウォ

前回と合わせて以上が一応は母音の発音です。

似た発音が多くて困りますよね。

気を付けるのは日本語ではあまり馴染みのない「의」の発音くらいでしょうか。

補足ですが、”의”はウィと発音しますが、子音との組み合わせや単語の場所によって”エ”や”イ”と発音が変わります。

単語の紹介

위 → 上 (内臓の”胃”も위)

왜 → なぜ

예 → はい (YESの意味)

예의 → 礼儀 (発音は ” イェイ ”)

独断ピックアップ

今回は…

왜 이래(ウェイレ)

왜 그래(ウェグレ)

왜 저래(ウェジョレ)

です。

順番に。

何でこんな風に

何でそんな風に

何であんな風に

みたいな感じでしょうか。

たとえば「왜 이래」は、急に機械が動かなくなった時に驚いて「이거(イゴ) 왜 이래」(これ 何でこんな風に??) みたいな感じで使ったり、天気がおかしくて「날씨(ナルッシ)왜 이래」(何で天気こんな風なんだ)みたいな感じで使います。

「왜 그래」は、拗ねてたり怒ってたりする人に「왜 그래?何かあったの?」みたいに使ったり、「왜 저래」は、ちょっと離れたところにいる人がおかしな行動をしてたりした時に「あの人 왜 저래?」とか使います。

もし韓国人の友達と一緒に街を歩いているときに遠くで変なことしてる人を見かけたら「왜 저래?」って使ってみてください。笑うと思います(笑)

ただ、これはタメ口なので気を付けて。


それでは今回はここまでで。