韓国語の発音1|適当に教える韓国語

韓国語を気楽に勉強したい方に向けて簡単に韓国語の発音について書いてみたいと思います。

韓国語教師ではないので本当に自己流です。

あまり深く考えすぎず気楽にそのまま覚えてください。

早速ですが今回は韓国語の母音の半分くらいを教えたいと思います。

便宜的に子音の「ㅇ」を付けて書いています。

아 → ア

이 → イ

우 → ウ (唇を尖らせて)

으 → ウ (”イ”の口の形で”ウ”と発音)

애 → エ

에 → エ (上のエと同じ発音)

어 → オ (口を大きめに開いてオと発音)

오 → オ (唇を尖らせて)

야 → ヤ

유 → ユ

여 → ヨ (口を大きめに開いてヨと発音)

요 → ヨ (唇を尖らせて)

とりあえずこんな感じです。

何か記号にしか見えませんよね。

でも慣れなので勉強を続けていくうちに文字を見たら誰でもすぐ分かるようになります。

日本語の母音は「あいうえお」だけなので、韓国語はそれに比べて多いです。

」と「」の違いとか「」と「」の違いなんて、僕も未だにはっきりと聞き分けられません。

でも会話の流れで何を言ってるのか推測できるし意外と何とかなるのであまり気にしなくていいと思います。

ちなみに日本語の” あいうえお ”は

아 이  우  에  오

と書きます。

あい」さんというお名前の方はハングルで書くと「아이」となります。

スポンサーリンク

単語の紹介

아이 → 子供

오이 → きゅうり

우유 → 牛乳

여유 → 余裕

이유 → 理由

ピックアップ

紹介したい言葉を独断で1つピックアップします。

今回は…

아이고(アイゴ)

です。

もしかしたら聞いたことある人も多いんじゃないでしょうか?

痛かったり辛かったり嬉しかったり色んな時に使う言葉です。

よく耳にするのは、「アイゴ、しんどい」「アイゴ、お腹痛い」「アイゴ、久しぶり~」とかです。

あと、何かミスをしたときに咄嗟に口走ったり、ドラマでもお葬式で息子を亡くしたお母さんが「アイゴ~」と言いながら泣いてますね。

物につまづいたり、物を落としたり、しんどい時に使ってみてください。

それでは今回はここまでで。

スポンサーリンク
未分類適当に教える韓国語
てちゅんさるじゃ