韓国語の発音9|適当に教える韓国語

パッチムの次に文字がある場合はパッチムの音が変化したりするのですが、教えるのも大変なので本当に一部だけ簡単に見てみたいと思います。

スポンサーリンク

パッチムの説明

とりあえず覚えておくポイントを簡単に。

・パッチムの次の文字が「ㄴ」「ㅁ」「ㅇ」「ㄹ」「ㅎ」で始まる時は注意。

以上です。

他はややこしいので省略。

では実際にちょっと見ていこうと思います。

안녕하세요

アンニョンハセヨ

みんな知ってる挨拶です。

たまに「アニョハセヨ」みたいに言う人がいますけど、アニョと「ン」をしっかり発音してください。

特に「ニョン」の「ン」の発音に気を付けて発音したら良いかなと思います。

잘 먹겠습니다

ジャル モッケッスムニダ(ジャr モッケッスmニダ)

「いただきます」です。

基本的にパッチムの次の文字が「ㄴ」「ㅁ」「ㅇ」「ㄹ」「ㅎ」以外の場合は、パッチムの次の文字を二つ重ねた発音になります。

「머께씁니다」という感じで。

「습니다」の発音が大事で、「ㅂ」なのに何で「スプニダ(すpニダ)」じゃなくて「スムニダ(スmニダ)」なのかというと、パッチム「ㅂ」の後に「ㄴ」がくれば「ㅂ」がパッチムの「ㅁ」になります。「슴니다」のように。

日本語の「ム」の発音じゃなくて、口を閉じて「ム」と言います。

「스」は口を横に広げて「ス」と発音して、その形のまま口を閉じて「ム」と言ってください。その後は普通に日本語の発音と同じように「ニダ」と続ければ大丈夫です。

잘 먹었습니다

ジャル モゴッスムニダ(ジャr モゴッスmニダ)

「ごちそうさま」です。

パッチムの次の文字が「ㅇ」だと、パッチムが上に上がって「ㅇ」と入れ替わります。

なのでこの場合は「ㄱ」が上に上がって、発音的には「머겄」になります。

학교

ハッキョ

「学校」です。

먹겠습니다と同じで発音的には「하꾜」となります。

음악

ウマク(ウマk)

「音楽」です。

パッチムの次の文字が「ㅇ」なので「ㅁ」が上に上がって発音的には「으막」です。

スポンサーリンク
韓国語
てちゅんさるじゃ

コメント