韓国語の発音4|適当に教える韓国語

では前回の続きを。

しつこいですが自分はネイティブや教…(以下省略)

ハングルどうでしょうか。

たぶんまだ記号か暗号のようにしか見えないと思いますが、本当に誰でも見慣れてくると分かるようになるので気楽に勉強してください。

では今回は日本語の濁点( ゛)や半濁点( ゜)の文字です。

가 → ガ

자 → ザ(ジャ)

다 → ダ

바 → バ

파 → パ

発音のポイント

「ザ」の横に「ジャ」って書いてますね。

これは実は日本語でいう「ザ」の発音と同じ音の韓国語がないんですね。

「ザ」の発音に近いのが「자(ジャ)」なんです。

なので普通の韓国人が日本語の「ざじずぜぞ」を発音すると「ジャジジュジェジョ」になります。(「ジ」は日本語の発音と同じになります)

例えば「〇〇するぞ~」だと「〇〇するじょ~」って赤ちゃん言葉みたいになるんですね(笑)

中には「ざじずぜぞ」の発音が上手な人もいます。相当発音の練習をしたんだと思います。なかなか母国語にない音を出すのは難しいですからね。

「가」「자」「다」「바」についてなのですが…


日本語の発音表記で「가」を「カ」「자」「チャ」、「다」「タ」「 바」「パ」と記載されてるものが多いと思います。

ただ、こう表記すると息を強く出して発音してしまった時に「가」が「카」の発音になり「자」が「차」の発音になってしまうんです。

同じく「다」も「타」、「바」も「파」の発音になってしまいます。

なので一応、僕は上に書いたようにしてます。

余談ですけど、韓国人が「가」「자」と「다」「바」を発音する時に、この文字が単語の先頭に来た時には「カ」「チャ」「タ」「パ」に聞こえて、母音の後に来た時は「ガ」「ジャ」「ダ」「バ」に聞こえると思います。

たとえば「行こう!」と言う意味の「가자」「カジャ」、「海」という意味の「바다」は「パダ」のように。結構あいまいですね。

単語の紹介

가사 → 歌詞

사자 → ライオン

바다 → 海

의자 → 椅子

파 → ネギ

独断ピックアップ

今回は…

아자아자 파이팅!(アジャアジャ パイティン)

です。

意味は「ファイト!」「よっしゃよっしゃ頑張ろう!」みたいな感じでしょうか。

「아자아자」だけでも「頑張ろう!」「ファイト!」という意味なので、それだけで使っても大丈夫です。

「파이팅」「화이팅(ファイティン)」にする人もいますがどちらでも良いと思います。

自分に向けて気合を入れる時に使っても良いし、誰か頑張ろうとしてる人に向けてこの言葉をかけてあげても良いですね。

それでは今回はここまでで。

コメント