韓国語の発音4|適当に教える韓国語

今回は日本語の濁点( ゛)や半濁点( ゜)の文字です。

가 → ガ

자 → ザ(ジャ)

다 → ダ

바 → バ

파 → パ

スポンサーリンク

発音のポイント

「ザ」の横に「ジャ」って書いてますね。

これは実は日本語でいう「ザ」の発音と同じ音の韓国語がないんですね。

「ザ」の発音に近いのが「자(ジャ)」なんです。

なので普通の韓国人が日本語の「ざじずぜぞ」を発音すると「ジャジジュジェジョ」になります。(「ジ」は日本語の発音と同じになります)

例えば「〇〇するぞ~」だと「〇〇するじょ~」って赤ちゃん言葉みたいになるんですね(笑)

中には「ざじずぜぞ」の発音が上手な人もいます。相当発音の練習をしたんだと思います。なかなか母国語にない音を出すのは難しいですからね。

「가」「자」「다」「바」についてなのですが…


日本語の発音表記で「가」を「カ」「자」「チャ」、「다」「タ」「 바」「パ」と記載されてるものが多いと思います。

ただ、こう表記すると息を強く出して発音してしまった時に「가」が「카」の発音になり「자」が「차」の発音になってしまうんです。

同じく「다」も「타」、「바」も「파」の発音になってしまいます。

なので一応、僕は上に書いたようにしてます。

余談ですけど、韓国人が「가」「자」と「다」「바」を発音する時に、この文字が単語の先頭に来た時には「カ」「チャ」「タ」「パ」に聞こえて、母音の後に来た時は「ガ」「ジャ」「ダ」「バ」に聞こえると思います。

たとえば「行こう!」と言う意味の「가자」「カジャ」、「海」という意味の「바다」は「パダ」のように。結構あいまいですね。

単語の紹介

가사 → 歌詞

사자 → ライオン

바다 → 海

의자 → 椅子

파 → ネギ

スポンサーリンク
韓国語
てちゅんさるじゃ

コメント