【ひと言】台風の被害が出ないと良いけど

韓国の電車で起こる日本では見かけない光景。

韓国の電車って面白いですよね。

色んな事が起こるんですよ。

僕も韓国にはしばらくいたので色んな経験をしました。

今回は日本の電車では見かけない韓国ならではの面白い光景をいくつか紹介したいと思います。

・車両を渡り歩く盲目のおじさん。

サングラスをかけて手にザルを持ちながら音楽をかけて車両を渡り歩く物乞い?のような感じのおじさんです。

出没率が高いので韓国に行ったことがある人は見かけた人も多いのでは。

最初はビックリしますよね。

突然音楽が聞こえて歩いてくるんですから。

そこそこ混んでる時しか僕は見かけたこと無いですね。

その方がお金が集まりやすいからでしょうか。

本当に目が悪いかは不明です。

座ってる人の膝の上に新品のガムを放り投げてくる脚の悪いおばさん。

これはビックリします。

いきなり膝の上にガムを放ってくるんですから。

日本でも100円くらいで売ってるガムです。

これなに??って最初は思いました。

別にガムをあげようと放ってるわけじゃないんです。

買ってあげたい人がお金を払って買ってあげるんです。

触らずに置いておいたら回収していきます。

改修前に電車から降りる人は座席にガムを置いて降りていきます。

決してカバンに入れないように(笑)

・実演販売する人

これも遭遇率高いので見かけた人多いはず。

いきなり実演販売が始まります。

売ってるものはダイソーで売ってそうな100円とか200円くらいのものが多いです。

よく見かけたのが腕にする日差し除けのアームカバーとか、掃除用具とか。日用雑貨が多いですね。

意外と買う人がいます。

・キリスト教の伝道者

これはちょっと出会うのはレアなんですけど、聖書片手にデカい声で「主を信じなさい」みたいなことを叫んで立ち去る人がいます。

韓国はキリスト教の人口が多くて伝道にも積極的なので僕は免疫がありましたが、韓国語が分からない人は叫んでいる内容も分からないので遭遇すると怖いかもしれないですね。

以上が僕が電車でよく見かけた光景です。

他にもあればぜひ教えてください。

0

コメント