最近の日本と韓国の関係悪化に関して簡単に。

最近の日韓問題に関して本当に要点だけ簡単に。

半導体材料の輸出規制措置に関して

日本は今まで輸出に関して韓国を信頼できる国と位置付け輸出の手続きを簡単にする優遇を行ってきました。

■日本の立場

・韓国は安全保障上、輸出の優遇ができない国と判断。
(兵器にもある半導体材料を北朝鮮などに不法輸出?レーダー問題や徴用工問題も関連?)
判断した正確な理由は分からない感じです。

■韓国の立場

・日本の言いがかりで世界経済にも悪影響を及ぼす行為と批判。優遇除外撤回を要求。不買運動・日本旅行中止を呼び掛ける運動。

徴用工や慰安婦に関して

徴用工とは戦時中に人材不足を補うため動員された労働者のことです。

慰安婦とは戦時中に日本軍に対して性の相手をした女性の事です。

■日本の立場

・1965年の日韓基本条約ですべて解決済み。
→日本と韓国は日本が韓国に莫大な支援をすることで過去の清算をしました。この時に個人への補償は韓国側が自分たちがするという事で話をつけました。ただ、慰安婦に関してはパク・クネ前大統領との合意で「和解・癒やし財団」という財団を作り慰安婦を支援することになりました。

■韓国の立場

・徴用工に対する日本企業へ賠償要求。
→個人の請求権は残っているという考え。韓国政府は司法の判断に介入できないという立場をとっています。慰安婦に関してはパク・クネ前大統領との合意で作った財団をムン・ジェイン大統領が解散させました。

韓国内でも韓国の立場を批判したり不買運動に反対している人たちもいるので韓国人の意識を一纏めにして考えることはできません。

コメント